フェルサ

フェルサ

頭皮環境の基礎知識


title_basic
STEP1 ちゃんとした知識を

「脱毛症の原因は、男性ホルモン」と聞くと、よく勘違いをされますが、男性ホルモンそのものが脱毛症の原因になるわけではありません。本来、男性ホルモンというのは筋肉のある強い体をつくる、体毛を濃くして「男性らしさ」をつくる、という働きをするものです。では、なぜAGAでは「頭髪が薄くなる」という、まったく逆ともいえることが起こるのでしょう?
実は、男性ホルモンのひとつであるテストステロンが、悪玉の男性ホルモンに変換されることで、脱毛症を引き起こしているのです。テストステロンは、5α-リダクターゼ(還元酵素)と結合することで、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。このDHTは毛根に作用し、毛乳頭を萎縮させる強い力をもっているため、発毛を抑制してしまうのです。
basic_subimg01_01

まず、男性ホルモンのテストステロンと5α-リダクターゼが結合すると、皮脂分泌を促進するDHTに変化します。そして、DHTが出来ると、皮脂腺が活発になり過剰に皮脂が分泌されて毛穴の中にある角質と混じって毛穴を塞いでしまうのです。
basic_subimg01_02

DHTは、皮脂腺を活発にするだけでなく、その後、脱毛を促進する脱毛因子TGF-βを生成してしまいます。
髪の毛は同じものがずっと生えているわけではありません。おおよその期間は、成長期が2~5年、退行期が2~3週間、そして2~3ヵ月の休止期を経て抜け落ちます。この3つのサイクルで新旧の毛髪が入替わっているのです。しかし、AGAの場合、右下図の赤い矢印のようにヘアサイクルが短くなり、毛髪が十分に成長しない状態となるため、細く柔らかい毛のまま抜けることを繰り返してしまうのです。
basic_subimg01_03 img-responsive

STEP2 正しいケアを

頭皮を健やかに保つためには、その環境を整えることが大切です。
1. 皮脂の除去・調整
basic_subimg02_01
頭皮にある皮脂腺の数は、顔の額の部分に比べると約2~3倍も多いと言われており、毛穴にたまりやすく、また、取り除きにくいと言われています。
シャンプー前には少し熱めのお湯で2~3分、濡らすというよりも流すように。頭皮の汚れや髪についたほこりを指の腹できちんと落としていきましょう。
※少し熱めのお湯を使うのは皮脂を落とすためです。また、シャンプーは2度洗いがおすすめです。シャンプー剤が残らないようにしっかりとすすいでください。
2. 頭皮を清潔にする
basic_subimg02_02
シャンプーの後、水分を拭ききらない状態での自然乾燥は、頭皮にも髪にもよくありません。
特に生乾きのまま寝たりすると、雑菌が繁殖しやすくなりますので注意しましょう。ドライヤーは髪から離して風を当て、頭皮を乾かすようにすると◎です。
3. 必要な栄養を補う
basic_subimg02_03
体の組織は、多くがアミノ酸を材料として形成されています。そのアミノ酸を合成するため、また酸化を防ぐためにはビタミンが必要だったり、代謝を促すためにミネラルが必要だったりします。このような栄養を意識して食事で摂取することはもちろんですが、ケア商品やサプリメントで補う方法もあります。
頭皮も「肌」です。紫外線やエアコンによる肌ストレス、睡眠不足や食生活の乱れによる肌トラブルがあるように頭皮にも同様のトラブルが発生します。スキンケアと同じように、きちんと頭皮にも必要な栄養を補い、ケアしましょう。

STEP3 生活習慣の見直しを

健康な髪を保つ方法は、カラダの健康維持のために行うことと同じです。まずは規則正しい生活習慣を心がけましょう。
そのうえで、バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動、ストレスをためないことが大切です。
basic_subimg03_01
食事
髪の成長はカラダに必要な要素と同じです。そのためバランスの取れた食事がとても重要。
髪に必要なアミノ酸(たんぱく質)をはじめ、その他の栄養素もバランスよく摂取することで、健康な髪の成長を促すことができます。
basic_subimg03_02
ストレス
ストレスはカラダにさまざまな影響を及ぼします。
ストレスによる自己免疫異常が発症すると、免疫内で自分の髪の毛が異物と見なされ抜け毛が進行する場合があります。
basic_subimg03_03
運動
適度な運動は髪の健康を支えてくれます。
ウォーキングなどの定期的且つ継続的に行えることを始めてみることをおすすめします。
水泳などの全身運動も大変効果的ですが、注意点がひとつ。プールの水に含まれる塩素は髪によくありませんので、水泳後はきちんとシャンプーをしてください。
basic_subimg03_04
睡眠
寝不足は髪の成長に悪影響を及ぼす原因のひとつです。
午後10時から午前2時まで、実はこの時間帯に髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が集中すると一般的に言われています。
なかなか午後10時前の就寝は難しいと思いますが、できる限り午前0時前の就寝をおすすめします。
basic_subimg03_05
タバコ・お酒
喫煙はカラダだけでなく、髪の成長にも悪影響を及ぼします。喫煙は末梢血流障害の一因にもなりやすく、結果として脱毛の原因となってしまいます。また、アルコールの摂取は、その糖分が脂肪へ変わり、過剰な皮脂を作り出す原因にもなるため、脱毛を進行させてしまうことがあります。髪もカラダと同じですので飲みすぎには注意が必要です。

シャンプー


ホームへ戻る ログインをする 新規登録をする カートの中を見る
商品ラインナップ フェルサとは こだわりの成分 頭皮環境の基礎知識 よくある質問 お問い合わせ 発送について 返品・返金について