フェルサ

フェルサ

亜鉛は育毛に逆効果って本当?


2023年11月15日



亜鉛は育毛に逆効果って本当?

こんにちは、毛髪診断士の森本です。亜鉛が育毛に及ぼす影響について様々な意見があります。一部では亜鉛が育毛に逆効果だという説もありますが、これは真実なのでしょうか?この記事では、亜鉛と育毛の関係について科学的な根拠を基に解説し、亜鉛が育毛にどのような効果をもたらすのか、またどのような場合に逆効果となり得るのかを明らかにします。

亜鉛の育毛に対する実際の効果

亜鉛は、毛髪の成長に必要不可欠なミネラルであり、髪の主成分であるケラチンの合成に関わる酵素の活性に必要です。また、髪の成長サイクルを正常に保つためには、DNAとRNAの合成が欠かせませんが、この過程にも亜鉛は関与しています。さらに亜鉛は、5αリダクターゼという酵素の働きを抑えることが知られており、これはDHT(ジヒドロテストステロン)という薄毛の原因物質の生成を減らす効果があるため、直接的に育毛に寄与するとされています。

亜鉛が不足すると、髪の毛は細くなったり、成長が遅れたりすることが多く、最悪の場合は脱毛に至ることもあります。実際に、亜鉛の不足は薄毛や抜け毛の一因とも指摘されており、その補充は育毛対策の基本とされています。食事からの亜鉛摂取は、牡蠣やレバー、ゴマ、ナッツ類などから行うことができますが、日常の食生活では不足しがちなため、サプリメントを利用して補給する方法も一般的です。

育毛サプリの栄養補助と全身への効果

ただし、亜鉛は適切な量を摂取することが重要であり、過剰摂取は銅の吸収を阻害するなどの副作用を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。育毛を目的とした亜鉛の摂取は、栄養士や医師の指導のもと、適量を守りながら行うことが肝心であり、バランスの良い食生活と併せて、亜鉛を適切に摂取することが推奨されます。

亜鉛の過剰摂取とそのリスク

亜鉛は適量であれば育毛に有効ですが、過剰に摂取すると体内の銅の吸収を妨げるなど、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。銅は、赤血球の形成や神経系統の機能維持に必要なミネラルであり、その不足は貧血や神経障害を引き起こす恐れがあります。また、亜鉛の過剰摂取は免疫機能の低下、胃腸の不調、コレステロール代謝の異常など、他の体系にも影響を及ぼすことが知られています。

特に、亜鉛サプリメントを用いる場合には摂取量に注意が必要で、推奨される1日の摂取量を守ることが大切です。一般的な成人男性の1日の推奨摂取量は約11mgであり、サプリメントを利用する際は、この量を超えないよう管理することが求められます。亜鉛は体内で生成されないため食事やサプリメントからの摂取が必要ですが、摂取量のバランスが鍵となります。

亜鉛の過剰摂取とそのリスク

また、亜鉛の過剰摂取は薄毛の問題だけでなく、プロスタグランジンと呼ばれる体内物質の代謝にも影響を及ぼす可能性があり、ホルモンバランスの乱れにつながることも懸念されています。そのため、育毛を目指す方は亜鉛を含む食品やサプリメントを適切に選び、摂取量を自己管理することが重要です。健康な育毛を促進するためにも、栄養素のバランスを考慮した食生活と、サプリメントの適切な使用に留意しましょう。

まとめ

亜鉛は体内の多くの酵素の働きに関与しており、適量であれば健康な髪の成長をサポートする重要なミネラルです。しかしながら、過剰に摂取した場合は髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、亜鉛を含む育毛サプリメントを利用する際には、推奨される摂取量を守り、バランスの取れた食事と合わせて摂ることが肝心です。常に適切な亜鉛摂取を心がけ、栄養素のバランスを崩さないよう注意しましょう。

毛髪診断士

関連記事:

亜鉛含有育毛サプリの効果と効果的な摂取量

栄養不足と薄毛:育毛サプリの重要性

参考情報:

「亜鉛欠乏症の診療指針2018」

 

↓↓46歳、私も毛活中です↓↓

毛活

 

↓↓「憧れの上司」になれる情報をお届け♪↓↓

登録はこちらから。

 

↓↓私が監修した育毛サプリ「フェルサ」↓↓

フェルサ


ホームへ戻る ログインをする 新規登録をする カートの中を見る
フェルサとは 頭皮環境の基礎知識 よくある質問 お問い合わせ 発送について 返品・返金について